Background Image

IwaseKajuen Project ③

岩瀬果樹園ホームページ制作
見えない「おいしさ」を伝える

 written by 岩月正直

②「岩瀬さんちの農園」
ー徹底的に「物語」を掘り下げるー

 ずいぶん文字量も多いのですが、それを補うだけの写真をピアワークスは豊富に撮影しましたので、文章では表現しにくいことも、わかりやすくご紹介できたと思っています。また、説明文もできるだけ平易に親しみやすく、ほぐして表現しました。

 これだけの文字量ですと、見た瞬間、「うわっ!」と驚いて引いてしまうお客様もいらっしゃるかもしれません。しかし、岩瀬宏二さんの果樹栽培への深い理解があり、技術的な説明も理路整然としてわかりやすく、果樹園経営の進むべき方向性はもとより、自然環境と農業との共生という理念や、その土地の地質や気候風土や歴史すべてが詰まった「地場産品」こそが本当の「おいしさ」を生むという哲学までもが、山のように語られ、ホームページに載せた分量でも足りないほどの「物語」があったのです。読み始めると、次も読んでしまいたくなるような組み立て、文章表現にしましたので、安全・安心な食に関心がある方なら、グイグイ惹きこまれて読んでしまうように配慮しました。

 それらの情熱的な語りを10分の1ほどにまとめたのが、ホームページに収録した「岩瀬さんちの農園」部分なのです。専門的なお話は要領よくまとめて、一般の皆様にもわかりやすく章立てして解説しました。経営者の素顔、栽培へのこだわり、「おいしい」という本当の意味、家族の紹介とチームワークの話、農園が立地する土地の歴史と風土。これをひととおりご覧いただきますと、岩瀬果樹園という農家が、自然と真摯に向き合う理念をもち、愛情をもって果樹栽培に心血を注いできたことが手に取るようにわかります。

私が岩瀬宏二です岩瀬果樹園のこだわり美味しいのひみつ教えちゃいます

 技術的な内容はもとより、果樹を土から育てていくことの大切さや、自然食物はひとつも余すところなく使い切ることができるので、自分たちがかかわっている仕事は物質循環業であるという考え方など、少しでも食の安全を考えるお客様には、まことに貴重なお話ばかりが語られているのです。

 こうした一所懸命な姿勢をしっかりと文字に表現しておくことは、お客様の安心感に直結します。思わず初めから終わりまで、ついつい読んでしまう、という構造にしてありますので、食の安全・安心に関心があるお母さま方にも、感動しながら納得していただけるコーナーになっています。

 岩瀬宏二さんは、ご自分がつくりだす果物に大きな責任をもち、「おいしい」ということを徹底的に追究しているからこそ「自分の言葉」をしっかり持っておられます。ですから、見えないはずの「おいしさ」も、岩瀬さんの語りのおかげで、その神髄が透き通るように見えてきて、実際に食べてみたくなるから不思議です。他所から借りてきたような言葉は一切なく、あくまでもご自分の経験から汲み上げたリアルな実感を基にお話になりますので、圧倒的な説得力があります。おかげさまで、ホームページに表現する言葉も、とても豊かで個性的なものになりました。

 このコーナーは、食の安全にかかわる重要な部分です。ここをしっかりと責任をもって表現できるかどうかで、サイト主催者の信頼性が左右されてしまいます。岩瀬果樹園の場合、これだけの分量になりましたが、おかげさまで、ホームページをアップしたとたんに、各方面から「考え方がよくわかって感心した」という声を数多くいただいて、岩瀬果樹園に対する市場の関心も一挙に高まりました。

NextPage
次のページへ