Background Image

NATSUME Project①

NATSUME ホームページ制作①

銅製部品の製造スペシャリスト企業 株式会社ナツメ
日本のものづくり文化の火を絶やさないために

2012.05 start written by 岩月正直

スポット溶接用電極の製造では日本一の品質とシェアを誇る

スポット用電極写真

 愛知県豊橋市に拠点を構える株式会社ナツメは、おもに自動車メーカー向けスポット溶接用電極部位でおよそ30%のシェアをもち、抵抗溶接用電極やアームなど銅製部品の製造を得意とするスペシャリスト企業です。近年では、銅製品加工で磨きつづけた技術によって、あらゆる非鉄金属製品の製造・販売を手がけています。

 良い製品でなければ次に良いものは生まれないとの信念で、ただひたすら技術の向上を追求し、他社製品とは確かに違うと感じていただける製品加工に今も取り組んでいます。全国の自動車メーカー、溶接機メーカー、家電メーカーなどがユーザーで、抵抗溶接分野の電極をはじめ、銅合金を素材とした非鉄金属製品の製造を中心に、国内でも有数の非鉄加工メーカーとして着実に発展しています。

 将来的には、ユーザーの溶接ロボット導入により、ますます多様化、高精度化が要求される電極部の加工などにナツメの技術力がさらに生かされていくことが見込まれます。近年、抵抗溶接はかなり進歩してきましたが、溶接ロボットの開発・導入が本格的に進むのはこれからです。抵抗溶接電極は、溶接ロボットの性能を左右する製品ですから、ここをもっと開発していけば今までにないような溶接技術がこの世に実現するといいます。こうした可能性を夢見て製品の開発に挑戦しているのがナツメという企業です。

テレビ番組の制作で始まったお付き合い

 ピアワークスでは、さまざまなテレビ局から依頼を受けてドキュメンタリー番組や情報番組も制作しています。こうした仕事のなかで、東海地方で「ものづくり」にこだわりをもつ企業を15分枠のドキュメンタリー番組『スピリッツ』として紹介することになり、シリーズの第3回目に当社を取り上げることにしました。

 愛知県は、数十年間にわたり製造業生産額で日本一の座を揺るぎないものにしてきた自他ともに認める製造業王国であり、日本の「ものづくり」の中心地です。とくに、愛知県の東半分を占める三河地方には、豊田市にあるトヨタ自動車の本社を中核とする自動車製造工業の裾野が延々と広がっており、世界一の自動車産業集積地を形成しています。自動車産業はあらゆる工業製品を必要としますから、産業のデパートとも言われています。この産業を支えるさまざまな分野の専門的な製造業も発達し、切磋琢磨して良品開発に努めてきたため、三河地方には極めて高い技術力をもった企業がひしめいています。

 非鉄金属の銅を加工するには、とても難しい緻密な技術とオリジナル装置が必要です。鉄に比べてはるかに柔らかい銅は、加工がしにくく、変形しやすいために、特殊な加工技術を身につけていないと成形できないものです。この銅加工分野で日本一の水準といわれる技術力をもつナツメ様に取材し、三河のものづくりの伝統と神髄を紹介させていただきました。

 このとき、ナツメの技術力を支えるマインドにまで細かく踏み込み、働くスタッフの横顔をとらえたピアワークスの取材姿勢や完成した番組のわかりやすさに感動していただいたナツメ様から、ホームページ制作のご依頼をいただきました。このときに制作した番組は、ナツメのホームページにもアップいたしました。

NextPage
次のページへ