Background Image

NATSUME Project②

NATSUME ホームページ制作②

銅製部品の製造スペシャリスト企業 株式会社ナツメ
日本のものづくり文化の火を絶やさないために

2012.05 start written by 岩月正直

外部にアピールしたことがない会社の魅力を発掘する

 まずは、株式会社ナツメを知るにあたって、常務取締役・夏目喬之さんに会社の歴史や製品づくりの哲学、社員の気風などを細かく伺いました。それらは、のちに「ナツメの哲学」としてまとめることができました。

 同時に、スタッフの方々に現場での日々の思いやナツメで目指していることなどをインタビューし、言葉をいただいていきます。ここで感動したことは、現場のスタッフひとりひとりが、サラリーマンではなく技術者の誇りをもって業務に取り組んでいる主体的な姿勢でした。

 その点を夏目さんに問うと、「うちは会社員という何かに所属するスタッフという認識よりも、ひとりひとりが確かな技術力を持つ“技術者”という認識を持ってもらうように指導しているからではないでしょうか」というお返事が返ってきました。つまり、「ナツメの哲学」が現場のスタッフ各々に共有されているというわけです。

 ところが、従来のホームページでは、ナツメのこの「ものづくりマインド」の魅力がまったく語られておらず、優れた製品の背景にある技術力の紹介がなされていなかったので、非常にもったいない状態がつづいていたのです。

従来ホームページデザイン↓↓↓

旧ページデザイン1

旧ページデザイン2

 技術は他に誇ることではなく、完成した製品にすべての答えが出ればいい…という、まことに三河人らしい、商売気のない質実剛健なものづくりの姿勢は、高く評価されはしますが、突っ込んだ表現で会社の魅力を多角的に発信することによって、製品の価値をより深く知っていただくことにつながり、見ず知らずのお客様にも信頼感を抱いていただくことにつながります。

 ピアワークスでは、取材にあたっては虚心坦懐に臨みます。妙なバイアスをかけて企業を色眼鏡で見ることはしません。素人の視点・素人の感想というものを必ずもって、現場のスタッフの皆様にも自由に質問をさせていただきます。これは、専門家の方や同業者の方が見ることが多いホームページだとは言え、当たり前と思うようなところにこそキラリと光る表現が潜んでいるもので、現場の声を生き生きと豊かに引き出すには、素人の視点・素人の感想というものはインタビューに欠かせないのです。

 やがて、ナツメという企業の奥に入り込めば込むほど今まで外部に積極的に示すこともなかった会社の魅力がしだいに見えてきました。これがすなわち会社の強み(コア・コンピタンス)ということなのですが、夏目さんともお話を進めるなかで、「うちじゃあ、当たり前のことなんですけどねェ」とおっしゃる工夫や業務への取り組み姿勢が、他社とは一味も二味も違うことがわかってきました。もちろん、外部には詳細をオープンにできない技術的な工夫もありますから、秘中の秘に当たる部分は紹介できませんが、それ以外のところで同業他社にはない工夫や社風を積極的に紹介していきます。

新規ホトップページデザイン↓↓↓ (銅製品に精通した方なら誰でも一瞬でその加工技術の高さがわかるというナツメ製作の銅製モチーフを背景に、洗練された企業イメージを前面に押し出したトップページデザインにしました。)

新ページデザイン1

新規下層ページデザイン↓↓↓ (徹底的に取材をし、それを元にしっかりと読んでもらう、読み物としてボリュームのあるデザインにしました。)

新ページデザイン2

 結局は、こうした「わが社の強み」の発掘や顕彰は、外部へのよりよきPRにつながるとともに、社内にもよい影響を及ぼし、スタッフのみなさまの自信にもつながります。ピアワークスは、こうした企業の強みの発見・発掘・顕彰を得意中の得意とし、それをいかに豊かに誠実に表現するかに努力を重ね、ホームページを見た方々の心を揺さぶる感動的なサイト構築を業務の柱に据えています。

NextPage
次のページへ